20代で金持ちになれる仕事とは?

20代はいろいろと遊びたいこともあるし、欲しいものもある。でも、給料が少なくてもどかしい時期だと思います。

お金持ちになるのではれば、早ければ早いほうが良いです。

だって、その後の人生の時間を有意義に使えるようになるのですから。

 

ということで、今回は、20代で金持ちになれる仕事についてお伝えしていきます。

 

この記事におけるお金持ちの定義

 

一言で”お金持ち”といっても、人それぞれ感覚が違うと思いますので、

この記事では、「年収1000万以上」をお金持ちを定義したいと思います。

 

世の中を見ても、年収1000万以上稼いでいる人は、

日本人口の約12%(平成26年)

毎年変動するようですが、約10%~12%あたりを推移するようです。

 

感覚的にも、年収1000万円を聞けば、お金持ちのイメージがありますし、データを見ても、全体の上位10%ということで、割合も少ないため、「年収1000万円以上」をお金持ちの定義をします。

 

20代で金持ちになれる仕事3選

 

20代でお金持ちになれる仕事を3つ挙げると

  • 金融トレーダー
  • セールスマン
  • 起業家

 

主だったところはこの3つですね。

金融トレーダーもセールスマンも、ただの給料制では、到底、年収1000万円は達成できません。

成果に応じた歩合制を取り入れている会社で、圧倒的な成績を収めれば、20代でもお金持ちになれるでしょう。

 

あとは、起業家ですね。

自分で事業をして、お金を稼いでいく場合は、全てが自分の収入になります。

もちろん、全く稼げないというリスクもありますが、頑張り次第では、年収1000万どころか億単位のお金を稼ぐことも可能です。

 

3選中、最も簡単に金持ちになれる仕事は?

じゃあ、上記3つの仕事のうち、最も簡単にお金持ちになれるのはどれかというと、

「起業家」

 

金融トレーダーやセールスマンは、本当に極々限られた人しか稼げないですし、才能を必要とします。

それに対し、起業家の場合は、そこまで突出した才能は必要ありません。

ビジネスの種はそこらじゅうに存在しており、サラリーマンじゃ考えられないような額を簡単に稼げる場合も多々あります。

 

金融トレーダーやセールスマンは、どんなに頑張っても、年収数千万が限度でしょう。

ですが、起業家の場合は、稼げる額に限度はありません。

10億、100億と限度なく稼げる可能性があります。

 

20代でお金持ちになりたい!他の人とは比べ物にならない額を稼ぎたい!というのであれば、起業家を目指すことをおすすめします。

 

まずは、何から始めればいいの?

 

起業家と表現をしましたが、別に会社を設立しなくても、個人で年収1000万を稼ぐことは十分に可能です。

稼ぐ方法はいくつもあるのですが、リスクの面から見ておすすめなのが、

「ネットビジネス」です。

 

インターネットが普及し、形あるものではなく、”情報”に大きな価値が生まれています。

そこを上手く活用したのが、ネットビジネスです。

 

情報をお金に変えるビジネスであるため、原材料がかかったり、製作コストがかかったり、在庫を抱えたりといったリスクがなく、小資本からでも始められます。

これだけ、取り組みやすく、失敗のリスクもほとんどないビジネスは、そうそうないので、

最初の1歩として、まずはネットビジネスから取り組んでいきましょう!




私の公式LINE@にご登録いただければ、ネットビジネスで稼ぐ第一歩として、最高のスタートを切れる「スタートダッシュプログラム」に無料でご招待します!

また、LINE@では定期的にビジネスの最新情報であったり、本質的な考え方などもお届けしていきますので楽しみにしていてください!



上のボタンをタップ
もしくは、
LINE ID検索 → @takumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + twelve =