自営業で年収1000万!税金と手取りはどれぐらい?

サラリーマンとして働くのではなく、自営業で生活していきたい!

サラリーマンじゃ年収1000万円を稼げるのは極々少数で、今の会社じゃ到底無理だから、夢を求めて自営業に挑戦!

 

その思い、共感できますし、応援したいです!

自営業で成功したいというのも、ただの妄想で終わってしまっては、話になりませんので、

まずは、自営業の収入と税金の関係についてみていき、そもそも自営業で1000万円を稼ぐにはどうすれば良いのかをお伝えしていきます。

 

自営業の税金と保険料

 

自営業の場合、税金と保険料を以下の通り。

  • 所得税
  • 国民健康保険料
  • 国民年金
  • 住民税

大きく分けて、国に納める税金等は4種類ですね。

 

所得税

自営業の所得税は以下の通りです。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え330万円以下 10% 97500円
330万円を超え695万円以下 20% 427500円
695万円を超え900万円以下 23% 636000円
900万円を超え1800万円以下 33% 1536000円
1800万円を超え4000万円以下 40% 2796000円
4000万円超 45% 4796000円

出典:国税庁 No.2260 所得税の税率

 

年収1000万円の場合、税率は33%で控除額は153.6万円なので、

1000万円×0.33-153.6万円=176.4万円

 

国民健康保険料

続いて、国民健康保険料ですが、これは自治体によって金額が変わってきます。

ただ、年収1000万ともなれば、上限値目一杯となりますね。

東京23区の場合、国民健康保険料の上限値は89万円です。

 

国民年金

国民年金は所得に関係なく、全員一律で、

月16000円程度、年間約20万円ほどになるということですね。

 

住民税

住民税は前年の所得に対して課税されます。

税率は約10%と考えておけば問題ないので、前年の年収1000万円の場合、保険料の控除を計算して、

 

(1000-89-20万円)×0.1=89.1万円

となります。

 

自営業で年収1000万円の場合の税金と手取り

 

ここまでのところで、税金や保険料はある程度把握できたので、手取りを計算していきましょう。

  • 所得税:176.4万
  • 国民健康保険:89万
  • 国民年金:20万
  • 住民税:89.1万

 

これらを合計して、1000万円から引くと、手取りは

625.5万円

 

利益として、1000万稼いだとしても、税金や社会保険料を払うと、残るのは600万円ちょっとという計算です。

 

自営業で年収1000万円ってどうやって稼ぐの?

 

自営業といっても、業種は様々です。

  • 飲食店
  • 不動産
  • 美容室
  • 建設業
  • 金融業
  • 塾講師
  • 情報通信業

 

などなど、挙げればキリがないのですが、

これから自営業で生活していきたい、大きく稼いでサラリーマンとは違った人生を歩んでいきたいという方におすすめなのは、「ネットビジネス」です。

上記の業種であれば、情報通信業に属します。

 

ネットビジネスとは、その名の通り、インターネットを活用したビジネスです。

ネットビジネスのメリットは、リスクが小さいことと稼げる額が大きいことです。

 

飲食店や美容室などをイメージしてもらえればわかるのですが、自営業となると基本的に店舗が必要になります。

その店舗への初期投資は、安くても数百万はかかるので、失敗した時に金銭的リスクがかなり大きいです。

 

その点、ネットビジネスが、インターネット環境とパソコンさえあれば、できるので、

リスクを抑えてビジネスをしていきたい人には非常におすすめです。




私の公式LINE@にご登録いただければ、ネットビジネスで稼ぐ第一歩として、最高のスタートを切れる「スタートダッシュプログラム」に無料でご招待します!

また、LINE@では定期的にビジネスの最新情報であったり、本質的な考え方などもお届けしていきますので楽しみにしていてください!



上のボタンをタップ
もしくは、
LINE ID検索 → @takumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + two =