お金を貯める方法!節約 or 副業?

お金を貯める方法は「支出を減らす」か「収入を増やす」かのどちらか。

支出を減らすのであれは、いかにお金を節約していくかということが重要ですし、

収入を増やすのであれば、本業以外の収入源を確保していくことが重要になってきます。

 

そこで、今回は、節約と副業の両面からお金を貯める方法をご紹介していきます。

また、どちらのほうがおすすめかということについても私の意見をお伝えしていきますね!

 

お金を貯める方法①~節約編~

 

ステップ1:全ての支出を把握する

まずは、現状の支出を正確に把握する必要があります。

ここ1ヶ月の間、お金を何に使ったのか全部書きだしてください。

レシートや領収書をとっておいているのであれば、それを元に支出表を作成してください。

家計簿的なやつですね。

 

たぶん、ほとんどの人が覚えていないしレシートもないという状況だと思うので、

このステップ1では、1ヶ月間かけて、自分の支出を完璧に把握していくことから始めましょう!

お金を使った時に、用途と金額をスマホにメモしておいたりして記録を残しておきます。

 

1ヶ月経ったら、集計して表にまとめましょう。

ここまでが第一ステップです。

 

ステップ2:不必要な部分を削る

ステップ1で現状を把握できたら、ステップ2では、その中から不要な支出をピックアップして、お金を使わないようにしていきます。

ふらっと立ち寄ったコンビニでお菓子を買ったとか、そんな何気ない支出が積み重なって大きな出費となるので、

細かい部分もいらないものはどんどん削っていきましょう!

 

ステップ3:必要最低限の支払いもお得な方法を使う

ステップ2を終えれば、あとは、必要最低限の支払いだけが残るはずです。

ここからさらに節約するためには、「クレジットカード」を使います。

 

いまやほとんどの場面でクレジットカード払いができますし、クレジットカードで払えばポイントがつきます。

カードの種類によりますが、1%~3%ぐらいは還元されますので、絶対に必要な支出からも数%の還元されるので節約につながります。

 

ネックは、現金よりも使うのに抵抗がなくなるため、浪費してしまう可能性があることですね。

そこは、ステップ3まで続けてきた節約したい気持ちを強く持ちつづけていれば、乗り越えられる壁なので、大丈夫だと思います。

 

お金を貯める方法②~副業編~

 

前項では、支出を減らすことにフォーカスした節約についてお伝えしましたが、

ここからは収入を増やすための副業について解説していきます。

 

副業の種類は数多く存在するのですが、その中でもおすすめできる副業ランキングをまとめましたので、まずは、そちらをご確認ください。

→ 自宅でできる!在宅副業ランキング【2017年版】

 

詳しくは上の記事を見ていただきたいのですが、その中でもご紹介している通り、

一番オススメしたい副業は「ネットビジネス」です。

 

ネットビジネスの大きなメリットは、以下の2つ。

  • リスクが圧倒的に小さい
  • 稼げる額が尋常じゃなく大きい

 

あえて、”圧倒的”や”尋常じゃなく”という表現にしましたが、別に誇大表現ではなく事実です。

一般的なビジネスのように、初期投資に多額の資金が必要なわけでもないですし、その上で、個人でも月数百万や1000万以上を稼ぐことも可能という理想的なビジネスです。

もちろん、副業として、本業の合間を縫って取り組んだ場合でも、数十万から数百万という額を稼ぐことが出来るので、お金はどんどんたまってきます。

 

①節約と②副業でおすすめはどっち?

 

ここまで、①節約と②副業について解説してきましたが、

私のおすすめは「②副業」です。

 

限りある収入の中で、いかにやりくりしながらお金を貯めていくかと考えるよりは、

欲しいものがあったり、必要な金額が決まっているのであれば、その分だけ稼げばいいというのが私の思考です。

 

先にも述べた通り、ネットビジネスで月に数百万という収入が得られるようになれば、

大抵のお金の悩みは解決しますし、あまり細かく考えなくてもどんどんとお金は貯まっていきます。

 

ですので、今の収入でどうやりくりしてお金を貯めていくのかを悩むよりは、圧倒的に稼げるようになってお金の悩みから解放されたほうが幸せだと思います。




私の公式LINE@にご登録いただければ、ネットビジネスで稼ぐ第一歩として、最高のスタートを切れる「スタートダッシュプログラム」に無料でご招待します!

また、LINE@では定期的にビジネスの最新情報であったり、本質的な考え方などもお届けしていきますので楽しみにしていてください!



上のボタンをタップ
もしくは、
LINE ID検索 → @takumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − nine =