新入社員なのに辞めたい…3ヶ月や半年ってあり?

なんとか就活を終え、やっと入社した会社。

でも、いろいろとストレスが多く、辞めたいと思っている新入社員も多いです。

そこで、今回は新入社員が会社を辞めたいと思って、3ヶ月や半年で退職するのはどうなのかについてお伝えしていきます。

 

新入社員が辞めたいと思ってしまう理由・原因

 

新入社員が会社を辞めたいと思ってしまう理由・原因は、

  • 仕事が辛い
  • 残業が多すぎる
  • サービス残業ばかり
  • 仕事内容がつまらない
  • 給料が少ない
  • 上司からのパワハラ
  • 職場の人間関係がうまくいかない

 

こんなところが辞めたくなる理由として多いです。

 

おもったより仕事が大変と感じている場合が多いですね。

特に、残業に不満を感じているのではないでしょうか?

 

毎日、4時間も5時間も残業していてはクタクタで、家に帰ったら、風呂に入って寝るだけ。

休日も、平日の仕事の疲れで寝て過ごす。

そして、また会社に行く日々。

 

こんなことを繰り返していては、辞めたくなるのも当然です。

しかも、残業代が出れば良いのですが、サービス残業というところも多いのが実情なので、辞める人が多発するのは必然ですね。

 

また、仕事の大変さよりもつまらなさに不満を感じている人もいます。

私自身も、サラリーマン時代は、もっと楽しくやれる仕事に取り組みたいと常々考えていました。

 

仕事の内容と同じぐらい多い悩みが人間関係です。

上司、先輩、同僚と会社では、限られたコミュニティの中で長い時間をともにしてくことになるので、人間関係がうまくいかないとストレスがどんどん溜まっていきます。

会社に属している限り、上司は選べませんので、優秀な上司に当たるかどうかは運次第。

パワハラをするような上司を下についた時には、目も当てられません。

 

とまあ、悩みを挙げれば尽きないですが、新入社員として新しい環境に飛び込み、ストレスを抱えるのは当然です。

そのストレスの原因となっているものをいかに解消していくかが重要になってくるわけです。

 

新入社員が抱える悩みを解決する方法

 

上記に上げたような新入社員の悩みを解決するには、方法は2つ。

①自分を変える

②環境を変える

 

正直言って、この2つの方法しかないです。

自分以外の他者である上司や先輩、ないしは会社自体の体制を変えるのは、到底無理です。

相手の性格や会社の制度は何十年という時間を経て、形成されているものなので、それをたかだか一人の言葉で変えるなんてことは、なかなか出来るものではありません。

仮に変えられるとしても、何十年という時間を要しますので、非効率的です。

 

であれば、①自分を変えるか、②環境を変えるしかないわけです。

①と②であれば、②のほうが手っ取り早いのですが、一応両方共解説していきます。

 

①自分を変える

まず、最初の方法として、自分の考え方を変えるようにしましょう。

例えば、

「残業が多いと嘆くのではなく、残業時間まで仕事を残している自分の仕事スピードの問題がある」

と考える感じです。

 

「いやいや、仕事は次から次へと山積みだよ」

そんな声も聞こえてきそうですが、

1ヶ月や1週間単位で、仕事の量を管理し、計画的にこなしていきましょう。

タスク管理や時間管理も仕事を効率的に進めていく上で重要なスキルなので、この機会に身に着けてください。

 

残業や仕事量を例に取りましたが、

要は、「悩みの原因を他に求めてはいけない」ということです。

全ては、自分の力が足りていないから起きていることだと考えるようにしてください。

 

人間は、自己防衛本能の下、責任を他のものに求める生き物です。

本能上しょうがない部分もあるのですが、そこは理性を強く持って、自分に全ての原因があり、それを解決することで、現状を打破していく!という気持ちがないと、自分が望む生活を手にすることは出来ません。

 

かなり難易度の高いことを言っているかもしませんが、自分を変えることで悩みを解決するためには、相当な精神力が必要になるのです。

 

②環境を変える

続いて、環境を変えるパターンですね。

こちらは自分を変えるよりも簡単です。

 

単純に言えば、今いる会社を辞めてしまえば良いのです。

環境が変われば、仕事内容、残業の量、職場の人間関係などがガラッと変わります。

 

環境を変える方法は、大きく分けて2つ。

転職か独立。

 

私は思い切って、脱サラ・独立をするべきだと思います。

独立の場合は、お金や時間など自分自身で全てを管理することが出来ます。

もちろん、付き合う人間関係も自分の自由ですので、新入社員として抱えている悩みは全て解決します。

 

転職の場合ですと、運次第といったところですね。

転職先の会社が自分の望みに合っているかどうかは、入ってみないと分かりません。

 

仮に、前の会社よりも自分に合っていたとしても、自分の理想100%を満たせる会社なんて、まず存在しません。

どこかに不満が生じてくるでしょう。

 

だったら、自分で全てを自由にできる独立のほうが、今後の人生を楽しく過ごしていけるわけです。

「でも、リスクが…」と考える人もいると思いますので、それに関しては、この記事の最後の方でお伝えしますね!

 

その前に、よくある疑問である「入社3ヶ月や半年でやめても良いのか?」について私の意見を述べていきます。

 

入社3ヶ月や半年で辞めてもいいの?

 

結論から言うと、「辞めてもいい」です。

というか、ダメな理由がありません。

自分の人生なのだから、自分の好きなようにすれば良いのです。

 

ただ、デメリットがあるのも事実なので、そこは理解しておきましょう。

 

■入社後短期間で辞めるデメリット

  • 忍耐力のない人間だと思われ、転職しづらい
  • 退職や引っ越しの手続きが面倒で時間的ロスがある
  • 違った分野に移動した場合のスキルゼロスタート

 

こんなところでしょうか。

履歴書を見れば、どのぐらいの期間働いたかがわかるので、入社後すぐに退職した人は、忍耐力がないと思われるケースがあります。

あとは、時間的ロスやスキルの面でのハンデを背負う事になりますね。

 

早期転職を希望する場合は、これらのデメリットがあることも考慮しておきましょう。

 

新入社員が会社を辞める前にやっておくべきこと

 

今回の記事の中盤で、転職よりも独立のほうがおすすめだという話をしました。

ただ、独立にはそれなりのリスクが伴います。

会社を辞めた途端に収入がなくなるわけですから、かなり精神衛生上良くない状況にさらされます。

 

そうならないように、新入社員が会社を辞めて独立する前にしておいてほしいことがあります。

それが、「副業」です。

 

本業の仕事をしながら、副業で稼げるようになっておき、会社を辞めたとしても収入が得られる仕組みを作っておけば、リスクを最小限に押さえた状態で独立に踏み切ることが出来ます。

私は、このやり方で脱サラ・独立を達成しました。

 

私が副業として取り組んでいたのが、「ネットビジネス」です。

いまやインターネットが当たり前の世界になっており、そこには個人でも月数百万、数千万という額を稼げるチャンスが転がっています。

 

そこに挑戦しない手はないわけで、今の現状に不満があるのであれば、副業としてネットビジネスで稼げるようになり、

心置きなく独立を果たし、理想の人生を歩んでいきましょう!




私の公式LINE@にご登録いただければ、ネットビジネスで稼ぐ第一歩として、最高のスタートを切れる「スタートダッシュプログラム」に無料でご招待します!

また、LINE@では定期的にビジネスの最新情報であったり、本質的な考え方などもお届けしていきますので楽しみにしていてください!



上のボタンをタップ
もしくは、
LINE ID検索 → @takumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 1 =