社会人3年目に求められることと目標設定

社会人3年目、とりあえず3年などと言われたりもしますが、仕事を任せられるようになり、徐々に責任が大きくなってくる時期ではないでしょうか?

後輩もでき、指導する立場になったりと、1年目、2年目の助走期間を経て、社会人として走り出すのが3年目です。

そこで、今回は、社会人3年目に求められることと目標設定についてお伝えしていきます。

 

社会人3年目の悩み

 

  • 給料が減る
  • 3年目なのにミスが多い
  • 仕事ができない
  • 上司に怒られる
  • 無能と言われる
  • プレッシャーを感じる
  • モチベーション、やる気が続かない

 

こんなところが社会人3年目の悩みとしては多いですね。

 

給料が減るというよりは、課税額が多くなり、手取りが減るという感じですね。

住民税は2年目からかかりますし、保険などに新しく加入する人も出てくるので、給料から天引きされた結果、手取りが減るということもあるでしょう。

 

3年目となると、それなりに仕事を任せられるようになりますし、期待もされます。

その期待にプレッシャーを感じたり、3年目なのにミスが多く、仕事ができない自分を責めてしまう人も多いです。

仕事でミスをすれば、上司に怒られますし、ひどい場合は、無能とまで言われることもあるようですし…。

 

そんな状況が続けば、モチベーションが下がり、やる気が湧かなくなるのもうなずけます。

ただ、上司や先輩に強く言われるのは、期待の裏返しだと捉えるようにしましょう。

社会人3年目には、求められるものがあるわけです。

 

社会人3年目の求められること

 

社会人3年目に求められることは、

「主体性と新しい視点」

 

1年目、2年目は仕事を覚えて、ちょっとずつ自分から行動を起こしていく助走期間です。

その助走期間を経て、3年目からは本格的に社会人として走り始めるわけなので、自分から行動を起こす「主体性」が必要になってくるわけです。

 

そして、主体性を発揮した上で、会社から求められているのは、「新しい視点」です。

同じ会社に居続けると、考え方が凝り固まってきます。

何年も同じ会社、同じ部署にいる人は、その部署特有の思考に固執してしまうようになるので、そこに新しい風を入れてあげるのが、社会人3年目の務めです。

 

まだ部署の色に染まりきっておらず、でも、仕事の内容をある程度把握している3年目の社員が自分の意見を述べることで、今までになかった視点が生まれ、停滞していた状況が変わることがあります。

そうして、進化をしていかないと、今の時代、生き残っていけないため、社会人3年目に求められる役割は大きいのです。

 

社会人3年目の目標設定

 

上記の3年目に求められるものを満たせるよう、自分の目標を設定しましょう。

その際の注意点が「数値を入れた目標にすること」

 

例えば、

「4月中に、部署の平常業務について、1件改善案を提案する。」

 

なにも疑問に思わず、先輩に教えられた手順通りに仕事をしていては、自分自身が部署の色にただただ染まっていく一方です。

それでは、なにも改善されないまま、駒としての人員が増えただけになってしまうので、何かしら、自分なりの提案をしましょう。

自分の感じたままの意見であっても、上司や先輩にとっては新鮮な意見なので、話をすり合わせながら、良い方向性が見えることもあるので、遠慮せずに自分の意見を述べるようにしてください。

 

社会人3年目となり、仕事に本腰を入れる時期でもありますが、自分の人生を見直す時期でもあります。

 

3年目という転換期に己を見直そう!

 

さあ、本格的に仕事を!という時期かと思いますが、一旦、自分の人生を見直して、将来のビジョンを明確にしておきましょう。

自問自答しながら、ビジョンの明確化をしていってほしいのですが、最初の質問は

 

「自分が人生を懸けてやりたいことは何なのか?」

 

なかなかこの質問にバシッと答えられる人はいないんじゃないかなと思いますが、一度真剣に考えてみてください。

答えが出ない人は、質問を変えてみましょう。

 

「今の仕事は、人生を懸けてやりたいものですか?」

 

これならどうでしょうか。

想像してみてほしいのですが、今の仕事をあと40年以上続けたいと思いますか?

そう思わないのであれば、他の道を探したほうが良いです。

 

私自身、周りが就職しているから、その流れに身を任せて、なんとなく就職をしました。

就活も真剣に選んで決めたわけではなく、ここでいいかなぐらいの気持ちでした。

そうして入社した会社では、やっぱり全力で仕事に没頭できなかったわけです。

 

このままではダメだと思って、脱サラ・独立したのですが、今目指している方向も自分の生涯を懸けて取り組みたいことなのか、ハッキリとは分かりませんが、

1つ言えるのは、会社員時代よりも、圧倒的に充実しているということです。

 

会社にいたら、なあなあでやっていても給料はもらえるので、生活はできます。

週5、6出社して、休日は遊んだり、休息したり、そしてまた、会社に行く。

こんな生活を送るのが当たり前になってきます。

 

それで、幸せなのであればいいのですが、私自身はその状況に恐怖すら覚えました。

このまま死ぬまで、変わり映えのしない日々を送っていくのかと思うとゾッとしました。

だからこそ、脱サラ・独立を決心したのです。

 

もし、あなたも同じように考えているのであれば、少しずつ行動を起こしてください。

いきなり、脱サラしてもいいのですが、生活できなくなるリスクが大きいので、まずは、副業で収益の柱を構築することから始めましょう。

 

私自身が副業で稼げるようになったのは、「ネットビジネス」に出会ったからでした。

他のビジネスに比べてリスクの少ないネットビジネスから始めてみるといいですよ!




私の公式LINE@にご登録いただければ、ネットビジネスで稼ぐ第一歩として、最高のスタートを切れる「スタートダッシュプログラム」に無料でご招待します!

また、LINE@では定期的にビジネスの最新情報であったり、本質的な考え方などもお届けしていきますので楽しみにしていてください!



上のボタンをタップ
もしくは、
LINE ID検索 → @takumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 2 =